自動車ヒューマンファクター研究センターの概要

Director photo Prime Senior Researcher photo
北﨑智之 研究センター長 赤松幹之 首席研究員
AHFRC summary

近年,急速に発達したコンピューター技術により,自動車は機械の目や知能を備え,ドライバを支援することが技術的に可能になりました.しかし,高度に情報化された自動車は,ドライバに運転中の情報機器操作など新たな負担をもたらしています.すべてのドライバにとって,自動車を安全で使いやすく,運転していて楽しいものにするためには,高齢ドライバを含めたさまざまなドライバの認知特性や運転行動特性,生理機能を解明して,自動車を人間に適合させることが重要です.

当研究センターでは,人の認知・脳機能の計測・評価,行動特性の計測・評価,生理機能の計測・評価技術をコア技術として,以下の研究開発を行っています.

  1. 超高齢社会に対応した高齢ドライバの認知特性の理解と支援技術の研究開発
  2. 開発競争が激化する自動運転車の安全性向上のためのヒューマンファクターの研究とインターフェース技術の研究開発
  3. クルマを運転する楽しさを再構築するための ドライビングプレジャーの研究

そして,組織のビジョンとして,すべてのドライバーにとって安全で使いやすく,楽しいクルマを実現するための,人間中心設計指針の構築を目指します.