国立研究開発法人産業技術総合研究所のHPへ
現在位置> 組織 > 研究センター > 先進パワーエレクトロニクス研究センター > 先進パワーエレクトロニクス研究とは? メニュースキップ

先進パワーエレクトロニクス研究センター

先進パワーエレクトロニクス研究とは?

電力変換とインバータ、パワースイッチング素子



  • 電力変換器の主要要素は、パワーデバイス。

  • 炭化珪素(SiC)に代表されるワイドギャップ半導体(WGS)パワーデバイスは、従来のシリコン(Si)パワーデバイスに比べて、動作可能な電圧が高い、損失が小さい、高速動作が可能、動作可能な温度が高い、などの特徴をもつ。

  • SiCパワーデバイスは次世代インバータ応用に最適で、その早期開発が国際競争力強化のポイント





電力変換とインバータ、パワースイッチング素子
電力変換とインバータ、パワースイッチング素子



ページの先頭へ
  ご利用条件  |  個人情報保護 ©産総研